手塚幸恵と申します。

福島県いわき市出身

小学生の頃から「てっかちゃん」と呼ばれています。
読書が好きで、特にヒューマンドラマ、人間の成長を描いたものが好きです。
主人公になりきって泣き笑い、どっぷり感情移入して読んでいます。

【いわき市で貢献したい想い】

なぜ富山へ?

高校卒業後、富山県にある専門学校へ進学し健康づくりの指導者を目指しました。
カモシカ、猪・・・時には熊も出没する田舎でのびのび学びました。

そんな田舎から、なんと!!東京にある会社へ就職!

しかし!!満員電車、人人人・・・人の波に酔ってしまい、仕事どころではなく、たった3カ月で辞めてしまいました。都会では生きられない、そう感じました。

その後、富山県の母校に就職し、以来、富山の自然豊かな環境と出逢った方々の温かさに魅了され、人生の半分以上を富山県で過ごしました。

人生の転機

2011年東日本大震災。

その時私は富山にいました。実家の両親・親戚など地元のことが心配でしたが、すぐに駆け付けるには遠すぎる距離でした。両親と連絡が取れたのは地震発生から3日目。

やっとつながった電話で母に言われたのは「心配で助けに来たい気持ちはありがたい、でも、電気もガスも水道も通っていない。食べ物もない、ガソリンだってない。

道路も不通、分断されている。あなたが来たら逆に迷惑になるから。あなたは富山の人たちのためにそっちで求められている仕事を頑張りなさい。」という強い言葉でした。

私は涙を心の奥に封印して、いつもと変わらない日常、子どもたちに笑顔で水泳を教えたり、地域の健康づくりに精を出しました。

決意をもって

生まれ育ったいわき市で両親・親戚、近所の方々など身近な方々の健康長寿のために貢献したいという想いが日に日に大きくなっていきました。

年に1~2回帰省するたび、丸い背中、杖をついて歩く姿に「あ~みんな年を取ったなぁ」「私にできることないか?」「富山の皆さんの健康づくりも大切だけれど、1番身近で大切な家族・親類を大切にしたい!!」と強く思うようになりました。

両親が100まで生きたとしてあと30年。年に1回帰省するとしてあと30回しか会えない・・・

震災時に何もできなかった後悔を繰り返したくない!

人生たった1度。

まずは、両親をいつまでも元気で自立して生活できるように支える!

さらに、今までの知識と経験を活かし、いわき市に「元気で長生き=健康長寿」の高齢者を増やすサポートをする!

介護保険を使わずに、いつまでも自立してイキイキ過ごす高齢者を増やす!

そう決意して2020年3月、富山県からいわき市へUターンしてきました。

コーチングと私

私は人に話しかけていくのが苦手です。すぐに他人と比較して、自分は劣っていると自己嫌悪に陥ってしまう私。

運動指導者として15年のキャリアを積み、次のステップへともがいていたこの頃の私は輝かしい経歴や活躍をしている同業の方々と比較して焦りや不安、劣等感を抱いていました。

2017年、そんな時にMPP(メンタルパワーパートナー)の「コーチング」と出逢い学び始めます。

そこで一番大きく響いたことは

「他人と違っていいんだ。過去と他人は変えられない。変えられるのは未来の自分だけ。」

という物の捉え方です。

こういうふうに考え方を変えるだけで、「フッ」と心が軽くなるのを感じました。

心身一如(しんじんいちにょ)。心と身体は繋がっていることを知ることができました。

そして、私は「自分」を取り戻し、「自分」を信じて前に進むことができるようになりました。

その他にもこのMPPからのコーチングで得られたことはたくさんありました。

「コーチング」によって私自身が「変われた!」という経験を活かし、自分に自信がない方、夢に向かって前に進みたい方をサポートしたい!

そう発起し、2020年本格的にメンタルコーチの道を歩み始めました。

現在MPP認定メンタルコーチとして、メンタルパワーパートナーとしてこちらのページに掲載されております。

http://www.mental-pp.com/tezuka/

メンタルパワーパートナーとは心とカラダをつなげ、最高の状態を引き出し、目標達成に向け共に高め合い、信じる力、生きる力を育み、主体的に考え、行動する人を増やし、日本を元気にしたいと思う協会です。出典:http://www.mental-pp.com/

 

終活コーチングと私

2021年「終活コーチング」をスタート。

2つの出来事がきっかけで「終活」について考え、「終活」をしたい方をサポートすることを決意しました。

きっかけ① 母のがん闘病

私は富山県で独り暮らし。家族・親戚は福島県在住。

「何かあったらすぐに駆け付ける」には遠過ぎる距離。

母が長期入院。

母のこと、父のこと、自分のこと・・・今後の在り方を考ました。

そして「人生」について考えることに。「どう生きたいか?」

きっかけ② 伯母と再会できなかったこと

伯母とは20年以上連絡を取っていませんでした。事情があり疎遠になっていましたが、最後に会った時に「また遊びに来てね」と言われたことが頭から離れませんでした。

伯母には子供がおらず旦那様はすでに亡くなっていると噂に聞いており

そして、伯母も家で倒れていたのを近所の人に発見され、そのまま介護施設に入所し、そこで亡くなったと噂に聞きました。

兄弟とも絶縁状態で伯母は孤独だったのではないか?

「どう生きて、どのような死を迎えるか?」

私にできることはなかったのか?

私は「人生最期まで悔いなく、生ききる!」をサポートしたい!

自らもそういう人生を歩んでいく!と決意し、「終活コーチング」を始めました。

終活とは:人間が自らの死を意識して、人生の最期を迎えるための様々な準備や、そこに向けた人生の総括を意味する言葉
wikipedia 終活 より https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%82%E6%B4%BB

 

機能改善系の体操と私

2010年いきいきのびのび健康づくり協会の機能改善体操に出逢いました。

その頃の私は高齢者指導にも多く携わるようになっており、「水の中での運動は絶対に良い!でも…実際に生活しているのは陸の上。普段の生活にもっと役立つ運動指導ができないか?」と考えていました。

そこで出会ったのが機能改善体操。

そして機能改善体操のレベルアップのため機能改善体操C級指導員から始まり、機能改善ヨガ、機能改善体操と次々に学び指導員としての腕を磨いていきました。

この機能改善はとっても簡単な体操で自分の身体の変化が体感できるので、

初めて機能改善体操を行った時には「え?今何が起こったの?」という驚きと感動の連続でした。

これは機能改善体操を行ってからの自分の体験ですが、

私が赤ちゃんの時に股関節亜脱臼が影響して、左股関節にいつも違和感を感じていたのが、機能改善体操をしたら足が軽くなったり

腰痛にも悩まされて仙骨注射や神経注射をしたこともありましたが機能改善体操をすると背骨が整ってスッキリした感覚があったり

このように私自身が体感したような感動を多くの方に伝えたくて機能改善体操指導を始めました。

そして機能改善系の体操指導歴は11年が経過しました。

「死ぬまで自分のことは自分で、自分の足で歩く」ことを目指して高齢者を中心に指導を続けております。

水泳・水中運動と私

4歳 喘息に効くという理由から水泳教室に通い始めました。

小学生になる頃には4泳法の全てをマスターし、泳ぐのが大好き!プール大好き!

さらに・・・

「私は水のない世界では生きていけない!」と思うほど水の世界が大好きとなり18歳 水中でのリハビリに興味を持ち、専門学校で水中運動について学びました。

「水の中って、気持ちいい!」

「足腰に負担なく年齢に関係なく運動できる!」

その良さを伝えたくて水泳・水中運動の指導者となり、そして水泳・水中運動指導歴は23年。

水中歩行、アクアビクスなど顔を水につけなくてもできる水中運動指導や子どもから高齢者まで、水が苦手な初心者から競泳選手まで幅広く指導を行ってきました。

資格

健康運動指導士
介護予防運動指導員
心身健康づくり推進士
メンタルパワーパートナー®認定コーチ
終活ライフケアプランナー
シナプソロジーアドバンス教育トレーナー
メディカルアクアフィットネスインストラクター

経歴

2002年から母校の専門学校に勤務し、人材の育成にも取り組んで来ました。
附属スポーツセンターでは、赤ちゃんから高齢者まで幅広く水泳・水中運動指導を行い、地域住民の健康づくりに貢献。
2015年から「もっと地域住民のために活動したい」と発起し、フリーインストラクターへ転身。
自治体より委託を受け、公民館での介護予防教室・健康教室など年間130回担当。
介護予防通所事業型(1次予防、2次予防対象)3か月コース担当。
介護事業施設(デイサービス、グループホーム、高齢者専用住宅等)20か所において機能改善体操およびシナプソロジーを実施。
その他、専門学校勤務の経験を活かし、人材育成にも力を注いでおり、各種セミナー・養成講座を開催しております。

活動実績

(一社)富山県水泳連盟理事 水泳教師委員会委員長
富山健康科学専門学校 講師
富山市医師会看護専門学校 非常勤講師
大原医療福祉専門学校 非常勤講師
富山県健康づくり指導者研修会 講師
富山県水泳連盟研修会 講師
富山県レクリエーション協会スキルアップセミナー 講師
富山県朝日町保健センター健康づくり教室 講師
富山県高岡市体育協会指導者研修会 講師
富山県民カレッジ 講師
日本スイミングクラブ協会東北支部指導力向上研修会 講師
NPOいきいきのびのび健康づくり協会 講師
上市町福祉課臨時職員 地域包括支援センター 介護予防教室運動指導
舟橋村 社会福祉協議会 健康づくり運動指導
富山市角川介護予防センター 運動指導
地域スポーツクラブやつおスポーツクラブ 健康づくり運動指導
NPO高岡市水泳協会 高岡スイミング ジュニアスイミング指導
南砺市城端温水プール ジュニアスイミング指導
富山市健康文化振興財団 大沢野ウインデイ 水中運動指導/機能改善体操指導
シナプソロジーインストラクター養成事業及び普及活動
その他(公民館、老人会、婦人会等でシナプソロジー及び運動指導)

主な内容

介護予防運動
機能改善体操
シナプソロジー
ストレッチポール
ひめトレ
ストレッチーズ
スクエアステップ
水泳・水中運動

ブログ・SNS

てっかちゃんのブログ

https://ameblo.jp/koboshichan/

2017年から続けています。